生命保険 高い

「生命保険が高い!」と感じている人におすすめ無料保険相談サービス

昔は生命保険に加入する方法、と言えば職場などに出入りする生命保険代理店や生命保険会社の営業さん経由で、というものがほとんどでした。

 

しかし最近では、保険相談専門の店舗などでどの生命保険に入ると良いのかを相談し、加入するという方が増えてきました。

 

実際、テレビやインターネットでもそういった保険相談の広告をよく見ます。

 

そういった保険相談で相談に乗ってくれるのはほとんどがファイナンシャルプランナーの資格を持った人です。
では、ファイナンシャルプランナーに保険相談をするメリットには何があるのでしょうか。
また、デメリットはないのでしょうか。

 

 

まず最大のメリットは、複雑な保険商品を一人一人のライフプランに合わせて選んでくれることです。
これは生命保険の内容ももちろんですが、現在と未来の収入と支出を洗い出した上で無理のないものをおすすめしてくれるということが大きい点です。
生命保険に加入したのはいいけれど、保険料が高いため、やりくりが厳しくなって解約してしまうということがほぼ起きないのは安心です。
保険素人なのに、一人で保険を決めて入ってしまうと適正な保障内容や保険料も理解してないため高い保険や不必要な保障をつけがちです。

 

また、数ある保険商品の中でお得なものをおすすめしてくれるのも良いところですね。
一方、デメリットとしてはファイナンシャルプランナーに相談するのは、時間がある程度かかってしまうということでしょう。
収入と支出、ライフプランを聞いたうえで商品を選んでくれるので、最初はやはり聞き取りには時間が掛かります。

 

とは言え、生命保険が高い・・・といった失敗が後々ないのは助かります。

 

 

ファイナンシャルプランナーはFPとも呼ばれ直訳すると、財務または金融の計画を立てる人となり、
その名前の通り相談者のニーズを実現させるために経済的な面の計画を立ててサポートをするエキスパートのことを指します。

 

ファイナンシャルプランナーが取り扱う相談は家計管理などの日常生活における悩みから、
老後の生活設計や資産の運用方法、住宅資金や介護資金について、相続や贈与に関してなど多岐にわたります。

 

そういった相談の中でも最もファイナンシャルプランナーと結びついているのが生命保険についてで、
平成23年に日本FP協会が独立しているファイナンシャルプランナーに行った業務調査によると
保障・補償設計、即ち生命保険に関するものが最も相談の多かった分野となっていることからも明白となっています。

 

相談者に対して現在加入している生命保険が合っているのか、
高い保険料節約の方法、沢山ある保険会社の商品についての良し悪しを含めての比較などを提案・アドバイスしなければならないため生命保険について精通している必要があり、
それが保険のプロと呼ばれる所以でもあります。

 

無料相談を実施している所もあり、正にファイナンシャルプランナーはお金に関する弁護士さんのような存在です。

 

 

 

 

 

生命保険というものは、様々な保障対象をできるだけ一般的にということで括っているということを、まず頭に入れておく必要があります。

 

そして、その内容は組み合わせということになっていることにも注目する必要があります。

 

また、生命保険会社によっては、自社の特徴というものを前に出してお客様に注目してもらおうという意図もあるので、
ここは会社によって異なるところもあると理解しておくことです。

 

でも、保障内容と保険料の関係は、原則的にはどこの生命保険会社もほとんど同じです。

 

こうしたことからして、保険料が高い場合は、イコール良い保険とはいう言えないという結論となります。
保険料が高い場合は、高いなりの理由があるのですが、それが意味があるかどうかが、良い悪いの判断基準になるということです。

 

つまり、自分が求める保障内容に合致しているかどうか、組み合わせのウエイト付けなどが適切であるかどうかということです。

 

生命保険の見直しは、ライフプランやマネープラン上大事な項目です。

 

お子様が独り立ちしていれば、死亡保険のウエイトは少なくなります。
むしろ、先進医療などので健康保険が利かないことを保険で補うというようなことが必要になります。

 

人により異なり、同じ人でも歳により、生命保険に掛ける目的によって異なるのが、保険の本来の姿と言えます。

 

 

 

最近では新しい保険の補償内容が充実してきていますので、生命保険を見直そうと考えている方もいるのではないでしょうか。
しかし、保険素人が一人で保険を見直しすることのデメリットを知っていますか。
保険を選ぶ際には、自分に合った補償内容を選択することが大切です。

 

しかし、素人の場合でですと余計な補償をつけてしまって保険料が料金が高くなってしまったり、
見落としがあり必要な補償内容をつけてもらえなかったり様々なトラブルがあります。

 

保険を素人が見直すということは、手間もかかってしまいますし補償内容によっては損をしてしまう場合があります。

 

このようなデメリットを未然に防ぐためにも、プロのアドバイザーに依頼をすることが大切です。
ライフスタイルは結婚や出産など、歳を重ねることによって変わってきます。
ファイナンシャルプランナーに相談をすると営業や自分の利益のためだけに、高いお金を請求されるのではと心配をしている方もいるのではないでしょうか。

 

そんな時は、公平な立場で判断をしてくれるファイナンシャルプランナーに相談をしましょう。

 

特定の生命保険会社の商品を紹介することが禁止されていますので、自分に合った保険を選ぶことができます。
相談は無料ですので、まずはファイナンシャルプランナーを利用してみましょう。

 

無料で相談できて、高い保険料をかける必要もなくなり、適正な保険に入れるので一石二鳥です。

 

 

結局、個人年金は加入した方がいいの?

将来の公的年金の上乗せとしての役割がある個人年金。でも実際に加入しておいた方がいいのか、疑問に思っている方も多いと思います。今回は、この個人年金についてご紹介します。国民年金や厚生年金など政府が深くかかわっている年金制度を一般的に「公的年金」と呼びます。一方、民間の保険会社などが実施している年金制度を「個人年金」と呼びます。個人年金へ加入するメリットは、何といっても将来公的年金に上乗せして年金が受給できるということ。

 

一方でデメリットは「物価の変動に弱い」ということが挙げられます。たとえば現在、ある個人年金のプランに加入して、将来一定の給付を受けられることになっても、10年後、20年後に物価が上がっていれば、その給付額は実質的に目減りすることになります。(公的年金は物価に合わせて給付額が調節されますので、基本的にそうした心配はありません。)とはいえ、その公的年金制度自体が少子高齢化の進展で破綻しかけているのは事実です。もし経済的に余裕があるのであれば、個人年金に加入しておくことのメリットは多いと思われます。

 

さらに詳しく相談したい場合は、ファイナンシャルプランナーなどの専門家や、最寄りの年金事務所に問い合わせましょう。実際私もファイナンシャルプランナーさんに相談するため、梅田で保険相談しました。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ